スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2012の投稿を表示しています

YAPC::Asia Tokyo 2012 で LT してきた話とか感想など

去る9月、27日からの3日間に渡って東京大学伊藤国際学術研究センターで開催された YAPC::Asia Tokyo 2012 に参加してきましたので感想など。YAPC に参加したのは昨年以来2回目。前夜祭から最後まで参加したのは始めて。中国地方在住ということもあってこれまでコミュニティとは無縁で一人勝手にやってきたのだけれど、昨年はインターンシップで東京にいたので2日目午後のみ当日券で参加しました。その時は知り合いもいないし、トークと LT を眺めて O’reilly 本を買ってそそくさと帰ったのだけれど、過去最大の YAPC (当時) ということで一プログラミング言語をテーマにした催事で東工大のホールが埋まる光景はすごかった。あとどうでも良いけど LT の間中吹奏楽部らしき音が外から響いていたのも妙に覚えています。そんなわけで今年は人といくらかでも繋がりたいなァと思いつつ、学生チケットが無料だということを知って去年は惜しいことをしたなァと卑しい後悔をしつつ参加しました。 LT してきた去年までカンファレンスに行ったことがなかったので LT なるものをリアルで観たことがありませんでした。YAPC, LT の始まる前に「LT 観たことない人」って言われて元気よく手を挙げたのが私です— SATOH, Koichi (実質抽象)さん (@outerinside) 10月 15, 2011手を挙げたのは私一人だったはず。みんな意識高い。@outerinside 来年は LT 見たことある人として参加しましょう!!!— ともくんのママさん (@uasi) 10月 15, 2011などと激励も頂いたし、今年は LT 見たことある人として参加するつもりでしたが、遠方からの参加者支援制度に申し込んだところ株式会社スカイアーク様から旅費支援を頂くことができたので、遠方からの参加者枠で LT する人にクラスチェンジ。20年越しで Perl 4 to 5 した話 from outerinside おかげでボーイング787で快適に東京へ行くことができましたが、スライドもトークもギリギリまで直してイメトレのみのぶっつけ本番。 1人5分だわ時間は押してるわ目の前に小飼弾氏がいるわで緊張して早口で尻切れトンボでショボーン。反省の多い発表になったけれどそれもまあ経験。Perl の将来Perl 5 の…