スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2011の投稿を表示しています

「Perlにもしあったらいいなぁと思う機能」は大体Perl6にあると思う

2011-03-19: 複数行コメントについて加筆しました。背景Perlにもしあったらいいなぁと思う機能 - サンプルコードによるPerl入門を読んでて「それPerl6でできるよ」と思ったので。一応Perlです。一応。1. ダブルクォーテーションの中で関数が展開できる機能ダブルクォート(qq演算子)はエスケープシーケンス、スカラ、配列、ハッシュ、関数、クロージャを展開します:"aaa { $book.title } bbb" Qクォート演算子でオレオレ展開ルールも作れます(Rakudoだとまだ動きませんが):Q:function/funcall: &func()/; Q:closure/closure: { ucfirst('hello') ~ ', world' }/; # qq//と同じ Q:qq/$scalar, @array[], %hash{}, &subroutine(), { 'closure' }/; 2. メソッドにおけるオブジェクトの名前自身をselfで参照できます:class Foo { has Str $.objective = 'world'; method greet { say "Hello, { self.objective }"; } } Foo.new.greet; # Hello, world Foo.new(:objective<Perl6>).greet; # Hello, Perl6 3. データを簡単にダンプする標準関数オブジェクトをPerl6コードにダンプする.perlメソッドがあります:say 42.perl; # 42 say { foo => 'bar', hoge => qw/fuga piyo/ }.perl; # {"foo" => "bar", "hoge" => ("fuga", "piyo")} デバッグ用には変数名が分かり易いようにペア記法を組み合わせて、noteで標準エラー出力に書き出します(warnは例外…

部分継続チュートリアル

この文書についてこれはCommunity Scheme Wikiで公開されているcomposable-continuations-tutorial(2010年09月30日版)の日本語訳です。誤字脱字・誤訳などがありましたらコメントあるいはメールで御指摘いただけると幸いです。本訳は原文のライセンスに基づきCreative Commons Attribution-ShareAlike 2.0 Genericの下で公開されます。Original text: Copyright© 2006-2010 Community Scheme WikiJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH Koichi本文部分継続(Composable continuation)は継続区間を具象化することで制御を逆転させるものです。 ウンザリするほど複雑な概念を表す長ったらしいジャーゴンのように聞こえますが、実際はそうではありません。今からそれを説明します。resetとshiftという2つのスペシャルフォームを導入するところから始めましょう[1]。 (reset expression)は特別な継続を作るなりスタックに目印を付けるなりしてからexpressionを評価します。簡単に言えば、expressionが評価されるとき、あとから参照できる評価中の情報が存在するということです。 実際にはshiftがこの情報を参照します。(shift variable expression)は目印のついた場所、つまりresetを使った場所にジャンプし、その場所からshiftを呼び出した場所までのプログラムの断片を保存します; これはプログラムの区間を「部分継続」として知られる組み合わせ可能な手続きに具象化し、この手続きにvariableを束縛してからexpressionを評価します。組み合わせ可能(Composable)という語はその手続きが呼び出し元に戻ってくるため、他の手続きと組み合わせられることから来ています。 Composable continuationの別名として例えば限定継続(Delimited continuation)や部分継続(Partial continuation)もありますが、ここでは一貫して「組み合わせ可能」という用語を使います(訳注: …

Perl 5 to 6 - カリー化

これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 28 - Curryingの日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH KoichiNAME"Perl 5 to 6" Lesson 28 - カリー化SYNOPSISuse v6; my &f := &substr.assuming('Hello, World'); say f(0, 2); # He say f(3, 2); # lo say f(7); # World say <a b c>.map: * x 2; # aabbcc say <a b c>.map: *.uc; # ABC for ^10 { print <R G B>.[$_ % *]; # RGBRGBRGBR } DESCRIPTIONカリー化、あるいは部分適用とは関数やメソッドにいくつかの引数を与えて関数を生成する処理のことです。 これは打鍵数を節約し、また他の関数にコールバック関数を渡したいときに便利です。"Hello, World"から簡単に部分文字列を取り出せる関数が欲しいと仮定しましょう。古典的なやり方は専用の関数を書くことです:sub f(*@a) { substr('Hello, World', |@a) } assumingによるカリー化Perl6のコードオブジェクトはassumingメソッドを持ちます。これは呼び出し元のコードオブジェクトに引数を適用し、その部分適用された関数を返します。my &…

Perl 5 to 6 - 一般的なPerl6データ処理イディオム

これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 27 - Common Perl 6 data processing idiomの日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH KoichiNAME"Perl 5 to 6" Lesson 27 - 一般的なPerl6データ処理イディオムSYNOPSIS# キーと値のリストからハッシュを作る: # 方法1: スライス my %hash; %hash{@keys} = @values; # 方法2: メタ演算子 my %hash = @keys Z=> @values; # 配列の各要素に真を対応づけたハッシュを作る: my %exists = @keys Z=> 1 xx *; # 値を指定された範囲に制限する。ここでは範囲は 0..10 my $x = -2; say 0 max $x min 10; # デバッグ用: 変数の内容を変数名込みでSTDERRに書き出す note :$x.perl; # 大文字小文字を区別せずにソートする say @list.sort: *.lc; # 必須アトリビュート class Something { has $.required = die "Attribute 'required' is mandatory"; } Something.new(required => 2); # エラーなし Something.new() # ブーン DESCRIPTIONある言語で生産性を発揮するには言語仕様を学ぶだけでは不十分です。むしろ具体的な問題の解法を覚えておく必要があります。 イディオムと呼ば…

Perl 5 to 6 - 例外と制御例外

これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 26 - Exceptions and control exceptionsの日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH KoichiNAME"Perl 5 to 6" Lesson 26 - 例外と制御例外SYNOPSIStry { die "OH NOEZ"; CATCH { say "there was an error: $!"; } } DESCRIPTION例外はその名前に反してまったく例外的なものではありません。実際のところPerl6では通常の制御フローの一部です。例外は潜在的なエラー(例えば0除算、存在しないメソッドの呼び出し、型チェック失敗)またはdieその他の関数の明示的な呼び出しによって生成されます。例外が投げられるとプログラムは呼び出しフレームからCATCHブロックかtryブロックを探し、スタックを完全に巻き戻します(つまりそれまでに呼び出された全部のサブルーチンから無理矢理戻ってくるということです)。 もしCATCHもtryも見つからなければプログラムは終了し、運が良ければ役に立つエラーメッセージが表示されます。 どちらか一方が見つかった場合はエラーメッセージは特殊変数$!に格納され、CATCHブロックが実行されます(tryブロックにCATCHブロックがない場合、ブロックはundefを返します)。ここまでの説明ではまだ例外が例外的なものに思えるかも知れませんが、エラー処理は些末なアプリケーションでもなければ不可欠です。 ただそればかりでなく、通常のreturn文も例外を投げているのです!これは制御例外と呼ばれ、CON…

Perl 5 to 6 - 交差メタ演算子

これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 25 - The Cross Meta Operatorの日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH KoichiNAME"Perl 5 to 6" Lesson 25 - 交差メタ演算子SYNOPSISfor <a b> X 1..3 -> $a, $b { print "$a: $b "; } # 出力: a: 1 a: 2 a: 3 b: 1 b: 2 b: 3 .say for <a b c> X 1, 2; # 出力: a1\n a2\n b1\n b2\n c1\n c2\n DESCRIPTION交差演算子Xは2つ以上のリストのデカルト積を返します。 つまりどういうことかというと、最初のリストから1つ取って最初の要素に、2番目のリストから1つ取って2番目の要素に、といった具合で作り得るすべての組を返します。Xの後に演算子を付けるとそれが組のすべての要素に対して適用され、その結果が代わりに返されます。 よって1, 2 X+ 3, 6は1+3, 1+6, 2+3, 2+6(当然4, 7, 5, 8と評価されます)を返します。MOTIVATION2つ以上のリストの取り得る組み合わせをすべて走査しなければならないことはよくあります。交差演算子はそれを1つの走査に濃縮できるので、プログラムを簡潔にし、字下げのレベルを1つ減らせます。メタ演算子としての使用法は時としてループを完全になくすことができます。SEE ALSOhttp://perlcabal.org/syn/S03.html#Cross_operators

Perl 5 to 6 - 縮約メタ演算子

これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 24 - The Reduction Meta Operatorの日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH KoichiNAME"Perl 5 to 6" Lesson 24 - 縮約メタ演算子SYNOPSISsay [+] 1, 2, 3; # 6 say [+] (); # 0 say [~] <a b>; # ab say [**] 2, 3, 4; # 2417851639229258349412352 [\+] 1, 2, 3, 4 # 1, 3, 6, 10 [\**] 2, 3, 4 # 4, 81, 2417851639229258349412352 if [<=] @list { say "ascending order"; } DESCRIPTION縮約メタ演算子[...]は結合性のある中置演算子なら何でもリスト演算子に変換します。 これはあたかもリストの各要素間にその中置演算子が置かれたかのように働きます。つまり[op] $i1, $i2, @restは$i1 op $i2 op @rest[0] op @rest[1] ...と書かれたのと同じ結果になります。これは+演算子を総和関数に格上げし、~演算子を(セパレータを空文字列にした)joinにするなど、非常に強力な構文です。 もし関数プログラミングに触れたことがあるなら、(LispやHaskellの)foldlとfoldrを多分ご存知でしょう。 これらとは異なり[...]は元の演算子の結合性に従うので、[/] 1, 2, 3は(1 / 2) /…

Perl 5 to 6 - クォートと構文解析

これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 23 - Quoting and Parsingの日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH KoichiNAME"Perl 5 to 6" Lesson 23 - クォートと構文解析SYNOPSISmy @animals = <dog cat tiger> # or my @animals = qw/dog cat tiger/; # or my $interface = q{eth0}; my $ips = q :s :x /ifconfig $interface/; # ----------- sub if { warn "if() calls a sub\n"; } if(); DESCRIPTIONクォートPerl6には強力な文字列クォート機構があり、文字列のあらゆる機能を完全に制御できます。Perl5にはシングルクォート、ダブルクォートそしてqw(...)(空白で分割するシングルクォート文字列リスト)があり、さらにq(...)とqq(...)がそれぞれシングルクォートとダブルクォートの同義語になっていました。一方のPerl6にはQというクォート演算子が定義されていて、様々な修飾子を取ります。 :b(バックスラッシュ)修飾子はバックスラッシュによる\nのようなエスケープシーケンスの展開を許し、:s修飾子はスカラ変数の展開を許し、:cはクロージャ("1 + 2 = { 1 + 2 }")の展開を許す、などなど。また:wはqw/.../が行うように単語を分割します。これらの修飾子は自由に組み合わせることができます。例えばスカラだけ展開し、他は展開しない…

Perl 5 to 6 - 派生型

これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 21 - Subset Typesの日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH KoichiNAME"Perl 5 to 6" Lesson 21 - 派生型SYNOPSISsubset Squares of Int where { .sqrt.Int**2 == $_ }; multi sub square_root(Squares $x --> Int) { return $x.sqrt.Int; } multi sub square_root(Num $x --> Num) { return $x.sqrt; } DESCRIPTIONJavaプログラマは型のことをクラスかインタフェース(不具なクラスのようなもの)のように考えがちですが、その見方はPerl6においては狭すぎます。 型はもっと一般的に、コンテナが値に与えることができる制約です。「古典的な」制約はクラスXあるいはそれを継承したクラスのインスタンスであることです。 Perl6にもXクラスのインスタンスだとかYロールを実装しているとか、あるいはオブジェクトに対してこのコード片が真を返すといった制約があります。 最後に挙げたのが最も一般的なもので、これは派生型(Subset type)と呼ばれています:subset Even of Int where { $_ % 2 == 0 } # これで他の型名と同様にEvenが使えるようになった my Even $x = 2; my Even $y = 3; # 型不一致エラー (試してみて下さい。Rakudoは派生型を既に実装していますが、派生型に基づいた多重ディスパッチはまだ実装されて…

Perl 5 to 6 - (似非)XMLのグラマー

これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 20 - A grammer for (pseudo) XMLの日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH Koichi注記: XMLに関する用語の誤用(「整形式」と「妥当」を混同しているなど)がありますが、あくまで例なので原文通りに残しています。NAME"Perl 5 to 6" Lesson 20 - (似非)XMLのグラマーSYNOPSISgrammar XML { token TOP { ^ <xml> $ }; token xml { <text> [ <tag> <text> ]* }; token text { <-[<>&]>* }; rule tag { '<'(\w+) <attributes>* [ | '/>' # 空タグ | '>'<xml>'</' $0 '>' # 開始タグと終了タグ ] }; token attributes { \w+ '="' <-["<>]>* '"' }; }; DESCRIPTIONこれまでの連載記事の焦点はPerl6言語であり、実装状況は気にしていませんでした。 これが空想上の言語で…

Perl 5 to 6 - 正規表現の逆襲

これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 19 - Regexes strike backの日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH KoichiNAME"Perl 5 to 6" Lesson 19 - 正規表現の逆襲SYNOPSIS# 通常のマッチング: if 'abc' ~~ m/../ { say $/; # ab } # 暗黙的な:sigspace修飾子を使ったマッチング if 'ab cd ef' ~~ mm/ (..) ** 2 / { say $1; # cd } # :sigspace修飾子を使った文字列置換 my $x = "abc defg"; $x ~~ ss/c d/x y/; say $x; # abx yefg DESCRIPTION正規表現の基本はLesson 07で既に述べたので、役に立つ(が体系立っていない)内容をいくらか補足します。マッチング正規表現マッチングのためにグラマーを書かないといけない訳ではなく、昔ながらのm/.../はまだ動きます。 新しい兄弟分としてmm/.../形式があり、:sigspace修飾子を暗黙的に有効にします。これは正規表現中の空白を<.ws>ルールで置換するものだったことを思い出して下さい。このルールのデフォルトは、2つの単語文字で囲まれている(つまりそれぞれが\wにマッチする)場合は\s+にマッチし、さもなくば\s*にマッチします。文字列置換において:samespace修飾子は<ws>…

Perl 5 to 6 - スコープ

これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 18 - Scopingの日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH KoichiNAME"Perl 5 to 6" Lesson 18 - ScopingSYNOPSISfor 1 .. 10 -> $a { # ここは$aが見える } # ここは$aが見えない while my $b = get_stuff() { # ここは$bが見える } # ここでも$bが見える my $c = 5; { my $c = $c; # ここで$cがundefになる } # ここでは$cは5 my $y; my $x = $y + 2 while $y = calc(); # まだ$xが見える DESCRIPTION字句的スコープPerl6のスコープはPerl5に非常によく似ています。ブロックは新しい字句的スコープを導入します。 変数名は最も内側の字句的スコープから探索され、もし見つからなければ一つ外側のスコープを、といった手順で探索されます。 Perl5と同様にmy変数は完全な字句的スコープ変数であり、our宣言はパッケージ変数に字句的スコープを持った別名を作ります。ただしちょっとした違いがあります: 変数はブロックの宣言された位置より後で可視であり、ブロックのヘッダ(例えばwhileループの条件節など)で宣言された変数はブロック内に限定されません。スコープを限定したいときはブロックの形式的パラメータが使えます:if calc() -> $result { # ここでは$resultが使える } # ここでは$resultが見えない 変数は宣言の直後から可視であり、Perl5の…

Perl 5 to 6 - Unicode

これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 17 - Unicodeの日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH KoichiNAME"Perl 5 to 6" Lesson 17 - UnicodeSYNOPSIS(なし) DESCRIPTIONPerl5のUnicodeモデルは大きな弱点に悩んでいました: バイナリとテキストデータに同じ型を使っていたのです。 プログラムがネットワークソケットから512バイト読み込んだとすると、それは当然バイト列になります。しかしそれに対して(Perl5で)ucを呼ぶとテキストとして扱われます。 推奨されている方法は最初にバイト列をデコードすることですが、サブルーチンがそれを引数として受け取る段階では、それがエンコードされているのかどうか、つまりblobとして扱うべきかテキストとして扱うべきか確実に判断することは不可能です。一方、Perl6は単なるバイトのコレクションであるBuf型を提供します。またStrは論理的な文字のコレクションです。論理的な文字という用語にはいささか説明が必要です。正確に言うと、Strは様々な水準の見方ができるオブジェクトです: Byte、CodePoint(Unicodeコンソーシアムが番号を割り当てたものすべて)、Grapheme(書記素; 文字として目に見えるもの)、CharLingua(言語定義文字)。例えば16進数表記で61 cc 80は(当然)3バイトのバイト列を構成します。しかしこれは2つのコードポイントLATIN SMALL LETTER A(U+0041)とCOMBINING GRAVE ACCENT(U+0300)、あるいは1つの書記素(ブログシステムないしあなたのブラウザが文字を殺してなけ…

Perl 5 to 6 - 列挙型

これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 16 - Enumsの日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH KoichiNAME"Perl 5 to 6" Lesson 16 - 列挙型SYNOPSISenum bit Bool <False True>; my $value = $arbitrary_value but True; if $value { say "Yes, it's true"; # 表示される } enum Day ('Mon', 'Tue', 'Wed', 'Thu', 'Fri', 'Sat', 'Sun'); if custom_get_date().Day == Day::Sat | Day::Sun { say "Weekend"; } DESCRIPTION列挙型は用途の広い獣です。定数の列挙からなる低レベルのクラスであり、定数は典型的には整数や文字列です(が任意のものが使えます)。これらの定数は派生型やメソッド、あるいは通常の値のようにふるまいます。 but演算子でオブジェクトに結びつけることができ、これによって列挙型を値に「ミックスイン」できます:my $x = $today but Day::Tue; 列挙型の型名を関数のように使うこともでき、引数として値を指定できます:$x = $today but Day($weekday); こうするとオブジェクトは列挙型の名前(ここではDay)をメソッド名として持ちます:say $x.D…

Perl 5 to 6 - ツイジル

これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 15 - Twigilsの日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH KoichiNAME"Perl 5 to 6" Lesson 15 - ツイジルSYNOPSISclass Foo { has $.bar; has $!baz; } my @stuff = sort { $^b[1] <=> $^a[1]}, [1, 2], [0, 3], [4, 8]; my $block = { say "This is the named 'foo' parameter: $:foo" }; $block(:foo<bar>); say "This is file $?FILE on line $?LINE" say "A CGI script" if %*ENV.exists('DOCUMENT_ROOT'); DESCRIPTIONいくつかの変数にはツイジルという第2のシジルがあります。これは基本的にはその変数が「普通」ではないということです。違いはいくつかあり、例えばスコープの違いなどです。オブジェクトのパブリックな属性とプライベートな属性がそれぞれ.と!というツイジルを持つことは既に紹介しました; それらは通常の変数ではなくselfに結びつけられています。ツイジル^はPerl5で例外的に扱われていたケースを一般化します。次のように書けます# 注意: Perl5のコードです sort { $a <=> $b } @array $aと$bはstrictプラグマに特別扱いされていま…

Perl 5 to 6 - MAINサブルーチン

これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 14 - The MAIN subの日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH KoichiNAME"Perl 5 to 6" Lesson 14 - MAINサブルーチンSYNOPSIS# ファイル doit.pl #!/usr/bin/perl6 sub MAIN($path, :$force, :$recursive, :$home = '~/') { # do stuff here } # コマンドライン $ ./doit.pl --force --home=/home/someoneelse file_to_process DESCRIPTIONサブルーチン呼び出しと典型的なUNIXプログラムのコマンドラインからの起動は、見た目にはとてもよく似ています: 位置的な引数やオプション、名前付き引数を与えられます。この類似点のおかげで、Perl6はコマンドラインを処理してサブルーチン呼び出しに変換してくれます。 スクリプトは通常通り実行され(この時点で@*ARGSに格納されているコマンドライン引数を書き換えることもできます)、その後もし存在すればMAINサブルーチンが呼び出されます。コマンドライン引数がMAINサブルーチンの形式的パラメータにマッチしない場合、自動的に生成されたUsageが表示されます。コマンドラインオプションはサブルーチン引数に以下のようにマップされます:-name :name -name=value :name<value> # <...>はqw(...)のようなものでしたね --hack…

Perl 5 to 6 - カスタム演算子

これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 13 - Custom Operatorsの日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH KoichiNAME"Perl 5 to 6" Lesson 13 - カスタム演算子SYNOPSISmulti sub postfix:<!>(Int $x) { my $factorial = 1; $factorial *= $_ for 2..$x; return $factorial; } say 5!; # 120 DESCRIPTION演算子は変わった名前を持ち、優先度とか結合性のような付加的な属性が少しだけ付いた関数です。 Perl6は通常term infix termというパターンに従います。termは前置演算子が前に付いていたり、後置演算子や後置接周(postcircumfix)演算子が後に付いたりしていても構いません。1 + 1 中置 +1 前置 $x++ 後置 <a b c> 接周 @a[1] 後置接周 演算子の名前は「特別な」文字に限らず、空白以外なら何でも使えます。演算子の長い名前はそのタイプの後にコロンとリテラルあるいはシンボルのリストが付きます。 例えばinfix:<+>は1+2で使われている演算子です。 もう一つの例はpostcircumfix:<[ ]>で、これは@a[0]の演算子です。これまで得た知識を使えば、もう新しい演算子を定義できます:mul…

Perl 5 to 6 - 遅延性

これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 12 - Lazinessの日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH KoichiNAME"Perl 5 to 6" Lesson 12 - 遅延性SYNOPSISmy @integers = 0..*; for @integers -> $i { say $i; last if $i % 17 == 0; } my @even := map { 2 * $_ }, 0..*; my @stuff := gather { for 0 .. Inf { take 2 ** $_; } } DESCRIPTIONPerlプログラマは怠けがちです。彼らが使うリストも。ここで怠惰という言葉が意味するのは、評価が可能な限り遅延されるということです。 @a := map BLOCK, @bのようなコードを書いたとき、ブロックは一切実行されません。 @aの要素にアクセスしようとしたときだけmapは実際にブロックを実行し、必要とされる分だけ@aを埋めます。代入ではなくバインディングを使っていることに注意して下さい: 配列への代入は先行評価を強制することがあります(コンパイラがリストの無限性に気づかない限り; 無限リスト検出の詳細はまだ固まっていません)。 バインディングはそのようなことがありません。遅延性は無限リストの取り扱いを可能にします: 引数すべてに操作を行うようなことさえしなければ、評価された要素に必要なだけのメモリしか必要としません。しかし落とし穴があります: 長さの取得やソートは遅延性を殺します——無限リストであっても。その場合無限ループになるでしょう。一般にスカラへの変…

Perl 5 to 6 - Perl5の演算子に対する変更

これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 11 - Changes to Perl 5 Operatorsの日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH KoichiNAME"Perl 5 to 6" Lesson 11 - Perl5の演算子に対する変更SYNOPSIS# ビット演算子 5 +| 3; # 7 6 +^ 3 # 6 5 +& 3; # 1 "b" ~| "d" # 'f' # 文字列連結 'a' ~ 'b' # 'ab' # ファイルテスト if '/etc/passwd' ~~ :e { say "exists" } # 繰り返し 'a' x 3 # 'aaa' 'a' xx 3 # 'a', 'a', 'a' # 3項演算子 $a == $b ?? 2 * $a !! $b - $a # 連結比較 if 0 <= $angle < 2 * pi { ... } DESCRIPTION数値演算子(+, -, /, *, **, %)はすべて元のままです。|、^、&はジャンクションの生成に使われるので、ビット演算子は構文が変更されました。 それらはデータプレフィクスを伴い、例えば+|は数値コンテキストでのOR、~^は文字列に対する1の補数です。 ビットシフト演算子も同様に変更されま…

Perl 5 to 6 - コンテナと値

これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 10 - Containers and Valuesの日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH KoichiNAME"Perl 5 to 6" Lesson 10 - コンテナと値SYNOPSISmy ($x, $y); $x := $y; $y = 4; say $x; # 4 if $x =:= $y { say '$x and $y are different names for the same thing' } DESCRIPTIONPerl6はコンテナと、コンテナに格納できる値を区別して取り扱います。通常のスカラ変数は一種のコンテナで、型制約やアクセス制約(読み取り専用とか)などの属性を持ち、他のコンテナの別名として使えます。値をコンテナに格納することを代入と呼び、コンテナに別名をつけることをバインディングと呼びます。my @a = 1, 2, 3; my Int $x = 4; @a[0] := $x; # @a[0]と$xは同じ変数 @a[0] = 'Foo'; # エラー 「型チェック失敗」 IntやStrのような型は不変、つまりこれらの型のオブジェクトは変更できません。しかしこれらの値を保持する変数(コンテナ)は変更できます:my $a = 1; $a = 2; # 驚くにはあたりません バインディングは::=演算子を使ってコンパイル時に行うこともできます。2つの変数がバインディングされているか調べるには=:=比較演算子を使います。MOTIVATIONサブルーチンや型、変数のエクスポートやインポートは別名定義によって実現…

Perl 5 to 6 - 比較とマッチング

これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 09 - Comparing and Matchingの日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH KoichiNAME"Perl 5 to 6" Lesson 09 - 比較とマッチングSYNOPSIS"ab" eq "ab" True "1.0" eq "1" False "a" == "b" True "1" == 1.0 True 1 === 1 True [1, 2] === [1, 2] False $x = [1, 2]; $x === $x True $x eqv $x True [1, 2] eqv [1, 2] True 1.0 eqv 1 False 'abc' ~~ m/a/ True 'abc' ~~ Str True 'abc' ~~ Int False Str ~~ Any True Str ~~ Num False 1 ~~ 0..4 True -3 ~~ 0..4 False DESCRIPTIONPerl…

Perl 5 to 6 - ジャンクション

これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 08 - Junctionsの日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH KoichiNAME"Perl 5 to 6" Lesson 08 - ジャンクションSYNOPSISif $x eq 3|4 { say '$x is either 3 or 4' } say ((2|3|4)+7).perl # (9|10|11) DESCRIPTIONジャンクションは順序づけられていない値の重ね合わせです。ジャンクションに対する演算はジャンクションの各要素に対して別々に実行(並列化されるかも知れません)され、その結果は同じ型のジャンクションに組み立てられます。複数あるジャンクション型は真理値コンテキストで評価されたときのみ違いが出ます。型にはany、all、one、noneがあります。型 中置演算子 any | one ^ all & 1 | 2 | 3はany(1..3)と同じです。my Junction $weekday = any <Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday Sunday> if $day eq $weekday { say "See you on $day"; } この例では$dayと'Monday'、$dayと'Tuesday'などといった各ペアに対してeq演算子が呼び出され、その結果は再びanyジャンクションに格納されます。結果が確定する…

Perl 5 to 6 - 正規表現(またの名をルール)

これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 07 - Regexes (also called "rules")の日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH KoichiNAME"Perl 5 to 6" Lesson 07 - 正規表現(またの名をルール)SYNOPSISgrammar URL { token TOP { <schema> '://' [<ip> | <hostname> ] [ ':' <port>]? '/' <path>? } token byte { (\d**{1..3}) <?{ $0 < 256 }> } token ip { <byte> [\. <byte> ] ** 3 } token schema { \w+ } token hostname { (\w+) ( \. \w+ )* } token port { \d+ } token path { <[ a..z A..Z 0..9 \-_.!~*'():@&=+$,/ ]>+ } } my $match = URL.parse('http://perl6.org/documentation/')…

Perl 5 to 6 - コンテキスト

2011-02-27: コメント欄で既に改訂された仕様の指摘がありましたので一部補足しました。id:uasiに感謝します。これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 06 - Contextsの日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH KoichiNAME"Perl 5 to 6" Lesson 06 - コンテキストSYNOPSISmy @a = <a b c> my $x = @a; say $x[2]; # c say (~2).WHAT # Str() say +@a; # 3 if @a < 10 { say "short array"; } DESCRIPTION次のように書いたとき、$x = @a Perl5では$xは@aより少ない情報——@aの要素数だけ——しか持ちません。 すべての情報を保存しておくためには明示的にリファレンスを取る必要があります: $x = \@aPerl6ではこれらは反対になります: デフォルトでは何も失うことなく、スカラ変数は配列を単に格納します。 これは一般要素コンテキスト(Perl5でscalarと呼ばれていたもの)及びより特化された数値、整数、文字列コンテキストの導入によって可能となりました。無効コンテキストとリストコンテキストは変更されていません。特別な構文でコンテキストを強制できます。構文 コンテキスト ~stuff 文字列 ?stuff 真理値 +stuff 数値 -stuff 数値 (符号を変える効果もある) $( stuff ) 一般要素コンテキスト @…

Perl 5 to 6 - オブジェクトとクラス

これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 05 - Objects and Classesの日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH KoichiNAME"Perl 5 to 6" Lesson 05 - オブジェクトとクラスSYNOPSISclass Shape { method area { ... } # リテラル '...' has $.colour is rw; } class Rectangle is Shape { has $.width; has $.height; method area { $!width * $!height; } } my $x = Rectangle.new( width => 30.0, height => 20.0, colour => 'black', ); say $x.area; # 600 say $x.colour; # black $x.colour = 'blue'; DESCRIPTIONPerl6にはPerl5よりずっと洗練されたオブジェクトモデルがあります。クラス、ロール、アトリビュートやメソッドのためのキーワードがあり、カプセル化されたプライベートなアトリビュートやメソッドがあります。 これは(Perl6のオブジェクトシステムに影響を受けた)Perl5のMooseモジュールにとてもよく似ています。クラスを宣言する方法は2通りあります。cla…

Perl 5 to 6 - サブルーチンとシグネチャ

これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 04 - Subroutines and Signaturesの日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH KoichiNAME"Perl 5 to 6" Lesson 04 - サブルーチンとシグネチャSYNOPSIS# シグネチャなしのサブルーチン——Perl5風 sub print_arguments { say "Arguments:"; for @_ { say "\t$_"; } } # 固定引数の型指定付きシグネチャ sub distance(Int $x1, Int $y1, Int $x2, Int $y2) { return sqrt ($x2-$x1)**2 + ($y2-$y1)**2; } say distance(3, 5, 0, 1); # デフォルト引数 sub logarithm($num, $base = 2.7183) { return log($num) / log($base) } say logarithm(4); # 第2引数はデフォルトを利用 say logarithm(4, 2); # 明示的な第2引数 # 名前付き引数 sub doit(:$when, :$what) { say "doing $what at $when"; } doit(what => 'stuff', when => 'once'); # 'doing stuff at once' doit(…

Perl 5 to 6 - 基本制御構造

これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 03 - Basic Control Structuresの日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH KoichiNAME"Perl 5 to 6" Lesson 03 - 基本制御構造SYNOPSISif $percent > 100 { say "weird mathematics"; } for 1..3 { # $_をループ変数として使う say 2 * $_; } for 1..3 -> $x { # 明示的なループ変数を使う say 2 * $x; } while $stuff.is_wrong { $stuff.try_to_make_right; } die "Access denied" unless $password eq "Secret"; DESCRIPTIONほとんどのPerl5の制御構造はPerl 6でもよく似ています。 一番大きな見た目の変化はif、while、forなどの後にカッコが必要なくなったことです。正確には、条件をカッコで囲むのは非推奨です。分岐ifはほとんど変わっていません。相変わらずelsifやelseの節を付けることができます。 unlessもありますが、else節を付けることができなくなりました。if $sheep == 0 { say "How boring"; } elsif $sheep == 1 { say "One lonely sheep"; } else { say &qu…

Perl 5 to 6 - 型

2011-02-27: コメント欄で既に改訂された仕様の指摘がありましたので一部補足しました。id:uasiに感謝します。これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 02 - Typesの日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH KoichiNAME"Perl 5 to 6" Lesson 02 - 型SYNOPSISmy Int $x = 3; $x = "foo"; # エラー say $x.WHAT; # 'Int()' # 型チェック: if $x ~~ Int { say '$x contains an Int' } DESCRIPTIONPerl6には型があります。すべてが何らかの形のオブジェクトであり、型を持ちます。変数は型制約を持つことができますが、必須ではありません。知っておくべきいくつかの基本的な型があります:'a string' # Str 2 # Int 3.14 # Rat (有理数) (1, 2, 3) # Seq 「通常の」組み込み型はすべて大文字で始まります。「通常の」型はすべてAnyを継承し、他も含めたすべての型はObjectMu(コメントで指摘があったので修正しました。多謝。ちなみに「無」から来ているそうです)を継承します。型名を変数宣言に加えることで、変数が保持できる値の型に制約をつけられます。my Numeric $x = 3.4; my Int @a = 1, 2, 3; 「間違った」型(与えられた型でもその派生型でもない型)の値を変数に代入しよう…