スキップしてメイン コンテンツに移動

Project Euler - Problem 3

問題

  • 原文

    What is the largest prime factor of the number 600851475143 ?

  • 日本語訳

    600851475143 の素因数のうち最大のものを求めよ。

解答

いきなり難易度が上がりました。素因数分解の問題です。 結局のところ片っ端から割ってみるしかないのですが、探索範囲を狭めることはできます。

正の整数の範囲で考えると、l = m * nかつm >= nであれば、floor(sqrt(l)) >= nであることが直感的に分かります。ここでfloorは実数を0の方向に丸めて整数にする関数、sqrtは平方根を返す実数関数です。 nが分かれば、mは除算で求められます。つまりlが与えられた時、それを2つの因数に分解するのに探索する範囲は高々2 .. floor(sqrt(l))で十分ということです。 2つに分けられたならこっちのもの、得られたmとnを再帰的に分解して、その結果を合わせれば素因数分解の結果が得られます。 アルゴリズムを書き下すと次のようになります:

  1. n <- floor(sqrt(l))とする。
  2. n = 1なら、これ以上は分解できない(lは素数である)のでlをそのまま返す。
  3. nがlの因数なら、m <- l / nとし、mとnに対してこのアルゴリズムを再帰的に適用し、その結果を連結して返す。
  4. 因数でないなら、n <- n - 1とし、2.から繰り返す。

これで計算は可能です。しかしもう少し最適化を検討してみましょう。

偶数は一般に2mの形で表せます。同様に奇数は2m + 1と書けます。 偶数同士の積は2m * 2n = 4mnとなり、l = 2mnとおけば2lなのでこれも偶数です。 奇数同士の積は(2m + 1)(2n + 1) = 4mn + 2(m + n) + 1であり、l = 2mn + m + nとすると2l + 1なのでこれも奇数です。 偶数と奇数の積は2m(2n + 1) = 4mn + 2mなので、l = 2mn + mとおいて2lなので偶数です。 つまり、奇数の因数は必ず奇数のみから成るということが分かります。先ほどのアルゴリズムでは、4.のステップでn <- n - 1としていました。これではlとnが両方とも奇数の時、1回不要な繰り返しが生じることになります。つまりこの場合を特別扱いして、n <- n - 2とすれば繰り返しを減らすことができます。 幸い、問題で与えられた600851475143という数値は奇数なので、この最適化の恩恵を十分に受けることができます。

この最適化を施したところ、40%ほど高速化しました。上の考察におけるlはn、nはdivという名前になっています。

(define (divisor-of? n m) (zero? (modulo m n)))
(define (factorize n)
  (define div (inexact->exact (floor (sqrt n))))
  (define (factorize-1 n div)
    (cond
     ((= div 1) (list n))
     ((and (odd? n) (even? div)) (factorize-1 n (- div 1)))
     ((divisor-of? div n) (append (factorize (/ n div)) (factorize div)))
     ((odd? n) (factorize-1 n (- div 2)))
     (else (factorize-1 n (- div 1)))))
  (factorize-1 n div))
(define (solve)
  (apply max (factorize 600851475143)))
(define (main argv)
  (display (solve))
  (newline))

追記

コメントの匿名氏のコードを基にしたところ500倍高速になりました。よって上記の議論は忘れて手続き的に書いた方が良さげ。 多値を扱うのにSRFI-8のreceiveマクロを使っています。

(define (divisor-of? m n) (zero? (modulo n m)))
(define (factorize n)
  (define (factorize-1 n i result)
    (cond
     ((< n (* i i)) (reverse (if (= n 1) result (cons n result))))
     ((divisor-of? i n) (factorize-1 (/ n i) i (cons i result)))
     (else (factorize-1 n (+ i 2) result))))
  (receive (n result)
           (let prepare-loop ((n n) (result '()))
             (if (divisor-of? 2 n) (prepare-loop (/ n 2) (cons 2 result))
                 (values n result)))
           (factorize-1 n 3 result)))
(define (solve)
  (apply max (factorize 600851475143)))
(define (main argv)
  (display (solve))
  (newline))

コメント

  1. (define factorize
       (lambda (n)
     
          (define result '()
     
          (define check
             (lambda (n i)
                (let loop ([n n] [c 0])
                   (if [zero? (remainder n i)]
                         (loop (/ n i) (+ c 1))
                         (begin
                            (if [> c 0] (set! result (cons (cons i c) result)))
                            n)))))
     
          (let loop ([n (check n 2)] [i 3])
             (cond
                ([= n 1] (reverse result))
                ([> (* i i) n] (reverse (cons (cons n 1) result)))
                (else (loop (check n i) (+ i 2)))))))
     
    (caar (reverse (factorize 600851475143)))

    返信削除
  2. 速い!当社比400倍ですね。
    checkが何をしているのか少し悩みました。乗数をカウントして連想リストにしているのか。
    副作用を使ったコードは避けたいのですが、ここまで違うと参るなあ。参考にさせてもらいます。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

京大テキストコーパスのパーサを書いた

要旨CaboCha やなんかの出力形式であるところの京大テキストコーパス形式のパーサモジュールを Perl で書いたので紹介します。GithubTarball on Github Ppagesこれを使うと例えば CaboCha の出力した係り受け関係を Perl のオブジェクトグラフとして取得できます。使用例単なる文節区切りの例。#!/usr/bin/env perl use v5.18; use utf8; use IPC::Open3; use Parse::KyotoUniversityTextCorpus; use Parse::KyotoUniversityTextCorpus::MorphemeParser::MeCab; use Symbol qw//; my ($in, $out, $err); my $pid; BEGIN { ($in, $out, $err) = (Symbol::gensym, Symbol::gensym, Symbol::gensym); $pid = open3($in, $out, $err, cabocha => '-f1'); } END { close $out; close $err; waitpid $pid => 0 if defined $pid; } binmode STDOUT, ':encoding(utf8)'; binmode $in, ':encoding(utf8)'; binmode $out, ':encoding(utf8)'; my $parser = Parse::KyotoUniversityTextCorpus->new( morpheme_parser => Parse::KyotoUniversityTextCorpus::MorphemeParser::MeCab->new, ); say $in '星から出るのに、その子は渡り鳥を使ったんだと思う。'; say $in '出る日の朝、自分の星の片付けをした。'; close $in; my $sentence_trees = $parser->…

Algorithm::LibLinear の紹介

Notice: This article is outdated. Please refer an updated English tutorial. 要旨かなり前になりますが、Algorithm::LibLinear という Perl モジュールを書きました。CPANGithubこれを使うと線形分類器などが高速に学習できます。テキストや画像の分類が応用として期待されます。LIBLINEAR についてLIBLINEARLIBSVM と同じ台湾国立大学の Chih-Jen Lin 教授のチームが公開しているオープンソースの機械学習パッケージです。 関数のロジスティック回帰、サポートベクター回帰及び線形 SVM による多クラス分類を行うことができます。LIBSVM と違ってカーネル関数を使うことはできませんが、はるかに高速に動作します。Algorithm::LibLinear についてLIBLINEAR には C++ で書かれたライブラリと、その機能を使って機械学習と分類・関数回帰を行うコマンドラインユーティリティが含まれています。 Algorithm::LibLinear はライブラリの機能を Perl からオブジェクト指向的に利用できるようにした上で、コマンドラインユーティリティの一部機能をライブラリ化して Perl で再実装したものです。使い方分類問題を解くときは、訓練データセットの読み込み・スケーリング学習器パラメータの設定分類器の訓練実データの分類という手順で行います。訓練データセットの読み込み正解ラベルのついたデータを大量に用意して学習させます。LIBSVM 形式のデータを読み込むか:my $data_set = Algorithm::LibLinear::DataSet->load(string => <<'EOD'); 1 1:0.1 2:0.1 4:0.1 -1 1:0.1 2:-0.1 3:0.1 ... EOD HashRef として表現されたデータを使います:my $data_set = Algorithm::LibLinear::DataSet->new(data_set => [ +{ feature => +{ 1 => 0.1, 2 => 0.1, 4 =…

Perl 5 to 6 - 正規表現(またの名をルール)

これはMoritz Lenz氏のWebサイトPerlgeek.deで公開されているブログ記事"Perl 5 to 6" Lesson 07 - Regexes (also called "rules")の日本語訳です。原文はCreative Commons Attribution 3.0 Germanyに基づいて公開されています。本エントリにはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedを適用します。Original text: Copyright© 2008-2010 Moritz LenzJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH KoichiNAME"Perl 5 to 6" Lesson 07 - 正規表現(またの名をルール)SYNOPSISgrammar URL { token TOP { <schema> '://' [<ip> | <hostname> ] [ ':' <port>]? '/' <path>? } token byte { (\d**{1..3}) <?{ $0 < 256 }> } token ip { <byte> [\. <byte> ] ** 3 } token schema { \w+ } token hostname { (\w+) ( \. \w+ )* } token port { \d+ } token path { <[ a..z A..Z 0..9 \-_.!~*'():@&=+$,/ ]>+ } } my $match = URL.parse('http://perl6.org/documentation/')…